イベントwebサイト:デザインアイディア

イベントWebサイト:デザインアイディア

イベントサイトは、お客様を迎えるイベントの大切な顔になります。
ランディングページとしての機能はもちろん、オンラインでのイベントの場合は、様々な情報やコンテンツをお客様に提供するための機能を実現しなければいけません。

イベントサイトのデザインについては、限られた時間の中でイベントの内容に合わせたデザインでページを作成するのはなかなか難しく、こんな課題をもっているのではないでしょうか。

  • いつも同じようなサイトデザインになってしまう
  • どこかで見たようなデザインで味気ない

そんな悩みに答えられるお役立ちコンテンツとして、今回は、Cventのから提供されているデザイン集についてご紹介します。

Cventは、イベントを実施することに特化したイベント管理プラットフォームです。
もちろん、イベントサイトを構築する機能も提供しています。ドラッグアンドドロップで必要な内容を埋め込んでいくことで、簡単にサイト構築ができます。

Cventを活用していただく際にも、もちろん活用できますが、デザイン例として活用することができます。

Cvent |Visual Showcase

日本のイベントとはまた違ったデザインになっているので、競合の会社のイベントのデザインを参考にするよりも、一味違ったデザインに出会える確率が高いかと思います。
デザインに悩んでいる方は参考にしていただけると思います。

このデザイン集。Cventで実際にデモとして構築されたイベントになっています。

たとえば。
タイル表示になっているサイトイメージのなかから一つ選んでみます。
画面のイメージがポップアップで表示されるので、「VIEW WEBSITE」をクリックしてみると、実際のイベントサイト例にジャンプすることができます。

リンク先のサイトは、実際にCventで構築したデモになっているので、イベントサイトとして必要な登録画面や、セッション一覧などの画面もどのように構築できるのかを見ることができます。

これだけ多くのイベントサイトを、実際に試してみることができる(もちろん無料です!)ので、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

イベントの規模が大きくなってくると、伝えなければいけない内容も膨大になってきます。
さらに、イベントの準備段階では、コンテンツの内容が一部決まってなかったり、途中で変更されることもしばしば。

  • イベント内のセッション一覧やコンテンツを配置するのに苦労する
  • イベントの内容のアップデートや写真などのコンテンツの管理が煩雑になっている

一方で、イベントに対するニーズは回数を追うごとに増してきており、イベントの内容をお客様ごとにパーソナライズして表示したい、他とは違うデザインにしたい、などwebサイトを準備する担当者へのプレッシャーも高まっています。

こんなサイトが簡単に準備できるCventのプラットフォームに興味を持っていただけた場合は、ぜひお問合せいただければ具体的な活用についてご提案させていただきます。

まずはデザインだけでも活用してみたい!というかたは、ぜひCventのサイト(英語だけですが)をご覧になってみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
  • URL Copied!